主人と死別・・・老後を過ごすパートナーを探しに結婚相談所へ

結婚相談所 東京

23歳の時に主人と死別してからこれまで女手一つで娘を育ててきましたが、娘が20歳になりようやく周りを見渡すことができるようになりました。

43歳になっていましたが、これまで働くことと娘のことしかしてきませんでした。

でもこれからは自分の事も考えてもいいんだなと思うと、この先娘が結婚したらずっと一人で生きていくのかと思うと寂しいし一緒に老後を過ごすパートナーが欲しいなと自然と思いました。

娘にこの話をすると呆れられるかなとおもいましたが、私が1人でいることを思うと自分の好きなようにいきれないから遠慮せずにそうゆう人を見つけて欲しいと言ってくれました。

その娘の気持ちをありがたく頂戴して、東京の結婚相談所を探すことにしました。

沢山あるので迷いましたが、娘も一緒に探してくれて、評判がすごくいい結婚相談所を探し出すことができました。

しかも娘は私を心配して一緒に結婚相談所までついてきてくれました。

私自身43歳というのが結構ネックで、本当に相手が見つかるか心配だという話をしたところ、私と同年代の人も多く利用してると知りなんだか心強かったです。

娘も強引にどんどんもっていくようなスタッフの人ではないということで安心したようです。

控え目ながら少しずつ色んな人と知り合って会ううちに、この時間がすごく楽しくて心地よかったです。

それでもなかなか自分の連絡先を教えてもいかなと思う人に巡り合えませんでしたが、年が私よりも5つ年上の人で同じく奥さんと死別された方とのご縁がありお付き合いをどんどん続けていくことができて、ついにこのたびプロポーズされました。

なんか夢見たいですし、こんな人生が先に待っているとは思いもしませんでした。

ここまでに至るまでに、スタッフの方は色んなアドバイスをくださいましたし、とても感謝しています。

私のペースを守って下さったことや焦らさないで見守って下さったことがとてもありがたかったです。

お金は正直入会金や成婚料、月々のお金や婚活パーティーのお金などかなりかかりましたが、それでも良かったなと思っています。

Updated: 2017年3月1日 — 1:15 PM
東京結婚相談所婚活通信 © 2017
東京でおススメの結婚相談所を徹底調査